筋トレコラム

社会人は時間がない!?

筋トレをする時間が無い

 

よく、私が毎週3〜4日は筋トレをするという話をすると、
「筋トレする時間なんてないよ〜」
「よくそんな時間あるな」
なんて言われますが、筋トレするぐらいの時間は簡単に作ることが出来ます

 

 

何故かというと、
筋トレって実はそんなに時間が掛からないからです。

 

 

たとえば、1日にやりそうな簡単なメニューを、
各10回×3セットやるとして、
インターバルを60秒にすると、1種目は下記のような流れになります。

 

 

1セット目10回 約1分

インターバル 約1分

2セット目10回 約1分

インターバル 約1分

3セット目10回 約1分

 

 

なんと、合計時間は約5分です。

 

 

もし、まったく休まずに10種目やったとしても、
50分しかかからないことになります。

 

 

セット間の休憩や、重さの設定、種目間の休憩などを考えたら
もう少し時間はかかと思いますが、
それでも効率よくやれば1種目あたり10分ぐらいでこなせるのではないでしょうか?

 

 

そうすると、一時間もあれば6種目も出来ることになります

 

 

たとえば、一日に下記のメニューで全身を鍛えたとします。

 

ベンチプレス(胸)
スクワット(足)
チンニング(背中)
シットアップ(腹筋)
ベントロー(背中、腕)
ダンベルカール(腕)

 

上記の6種目をやっても1時間程度で済むことになるのです。

 

 

どうですか?
これぐらいやれば、筋肉がつきそうな気がしませんか?

筋トレをする時間が無いのは、準備に時間がかかりすぎるから

ですが、いざジムに通うとなると、
どうしても1時間じゃトレーニングを終えることができません

 

 

なぜなら、ジムに行く場合、往復の時間や、
着替え、お風呂など、その他もろもろの時間や、
混んでいて使いたい器具がすぐに使えなくて待っていたりと、
色々な場面で時間が削られていくのです。

 

 

そして、いざトレーニニグをしてみると、
何だかんだで3時間ぐらい掛かってしまっていたりします。

 

 

これでは、忙しい社会人には、続けるのは難しいですよね?

 

 

そこで、オススメなのが、家トレです。

 

 

家では自重トレーニングしか出来ないから、あまり効果がないんじゃ?
なんて思うかも知れませんが、
自重トレーニングでも、しっかりとフォームを意識してやることによって、
大きなトレーニング効果があります。

 

 

また、自重トレーニングで鍛えたい部分に効かせるフォームを身に付けることが出来れば、
器具を使ったトレーニングの際にも、トレーニング効果を十分に高めることが出来ます。

 

 

ですので、まずは家トレでしっかりと基礎を作り上げましょう!

 

 

当サイトでも効果的なトレーニング方法を随時紹介していきますので、
一緒にトレーニングを始めてみませんか?

 

 

日本人男性専用トレーニングの方法とは


⇒日本人男性専用トレーニングの詳細情報はコチラ

筋トレをする時間がない関連ページ

朝食にはプロテインだけでも
忙しい朝も栄養バランスの整ったプロテインで栄養補給!
プロテインは水と牛乳、どちらで溶かせばいいの?
プロテイン、あなたは水と牛乳、どちら派?
パーソナルトレーナーは必要か?
プロのトレーナーにマンツーマンで教えてもらえるパーソナルトレーニング。 一人で孤独にトレーニングするより成果は出やすいのか?
最強の筋トレ食!いなばライトツナ スーパーノンオイル!
いなばライトツナ スーパーノンオイルは高たんぱく低脂肪、低糖質の超優等生食料だ!
温泉卵で筋肉への吸収率アップ!
優秀な蛋白源である卵。その食べ方の中でも温泉卵が一番優秀なんです。