筋トレコラム

筋肉に効かせるなら温泉卵

温泉卵で吸収率アップ

 

たんぱく質の優等生といえば卵。
トレーニーのみなさんは卵を好んで食べていると思います。

 

 

その卵ですが、実は調理方法によって消化、吸収にかかる時間が違うんです。

 

 

生卵、ゆで卵、卵焼き等、調理方法は色々とありますが、
何と一番消化吸収に優れているのは温泉卵(半熟卵)なんです。

 

 

卵の消化吸収時間をざっくりとまとめると下記のようになります。

 

 

生卵:2.7時間
温泉卵:1.3時間
ゆで卵:2.5時間
目玉焼き:3時間
卵焼き:3.2時間

 

 

不思議な事に、ちょっと加熱した温泉卵が一番消化吸収が良く、
さらに加熱していくと、消化吸収が悪くなっていきます。

 

 

これは卵の中の酵素が熱によって変化する事が関係しています。

熱による酵素の変化

卵の中にはビオチンという酵素が含まれています。、
ビオチンはたんぱく質と結合していて、
たんぱく質がスムーズに体に吸収されるのを妨げています。

 

 

このビオチンですが、体内にあるビオチニターゼという酵素によってたんぱく質と分離される事で初めて体内に取り込まれます。

 

 

しかし、生卵にはアビジンというビオチンにくっついている酵素があり、
ビオチニターゼがビオチンとたんぱく質を分離するのを邪魔してしまいます。

 

 

この状態では卵を食べたとしても、体内でうまく消化吸収されません。
この影響で生卵の吸収率は60%ほどだそうです。

 

 

しかし、このアビジンという酵素は熱に弱い物質なので、
加熱してあげる事によって、酵素の働きを弱める事ができます。

 

 

なので、生卵よりも加熱をした半熟卵のほうが消化吸収が良いのです。
加熱をする事で、卵の吸収率は95%まで上がるそうです。

 

 

しかし、加熱のしすぎも消化吸収を悪くする原因です。

 

 

たんぱく質は熱変性しやすい物質で、
ゆで卵や目玉焼き等のように完全に火を通してしまうと、
たんぱく質が凝固してしまい、消化吸収に時間がかかってしまうようになります。

 

 

以上のことから温泉卵が一番消化吸収に良い卵の食べ方になるのです。

レンジで作れる温泉卵

温泉卵は作り方が面倒です。
70℃のお湯に入れて10数分待って・・・・
しかも失敗しやすい。

 

 

このやっかいな温泉卵ですが、
なんとレンジで簡単に作れてしまいます。

 

 

作り方は簡単!
卵を容器に割り入れ、ようじで卵黄に2,3箇所穴を開け、お水を大匙2杯程度入れてレンジでチン。
加熱時間は800ワットで35秒程度。

 

 

これだけでトロトロの温泉卵が出来上がります。

 

 

時間もかからず手間無くできるので、
サラダに添えたり、カレーやラーメンに載せたりして、
普段の食事にたんぱく質を手軽に追加できます。

 

 

是非、温泉卵を食事に取り入れてみてください。

 

 

日本人男性専用トレーニングの方法とは


⇒日本人男性専用トレーニングの詳細情報はコチラ

温泉卵で筋肉への吸収率アップ!関連ページ

朝食にはプロテインだけでも
忙しい朝も栄養バランスの整ったプロテインで栄養補給!
プロテインは水と牛乳、どちらで溶かせばいいの?
プロテイン、あなたは水と牛乳、どちら派?
筋トレをする時間がない
筋トレをするにはたくさんの時間が必要だと思っていませんか?実は、短い時間からでも、筋トレは十分に効果を発揮できるんです。
パーソナルトレーナーは必要か?
プロのトレーナーにマンツーマンで教えてもらえるパーソナルトレーニング。 一人で孤独にトレーニングするより成果は出やすいのか?
最強の筋トレ食!いなばライトツナ スーパーノンオイル!
いなばライトツナ スーパーノンオイルは高たんぱく低脂肪、低糖質の超優等生食料だ!