ダイエット向け筋トレ方法

筋トレ→有酸素運動が脂肪燃焼のための黄金サイクル

筋トレ後に有酸素運動

 

 

トレーニングの順番として、もっとも効率が良いとされるのが、
筋トレ→有酸素運動の順番でのトレーニングです。

 

 

これは、ダイエットを目的としたトレーニングに効果を発揮します。

 

 

通常の運動では、脂肪がエネルギーとして使われるまでに
運動開始から15〜20分程度の時間が必要となるため、
有酸素運動から始めた場合、脂肪を燃焼したい場合は20分以上は続けなければいけません
十分なダイエット効果を求めた場合、50分〜1時間は続けたいところでしょう。

 

 

ですが、初心者の方にいきなり有酸素運動を一時間続けろといっても難しいですね。
20分でもヘトヘトになってしまうと思います。

 

 

ここで、有酸素運動の燃焼効果を飛躍的にアップさせるのが筋トレです。

 

 

筋トレを先にすることによって、
カラダの中にある糖質がまずエネルギーとして使われるので、
筋トレを20〜30分程度してから有酸素運動をすると、
有酸素運動開始後、すぐに脂肪のエネルギーが使われるようになります

 

 

また、筋トレを行うと、成長ホルモンの分泌が盛んになり、
体がより脂肪を燃焼しやすい状態になります。
この状態で有酸素運動を行うと、どんどん脂肪が燃焼されていきます。

 

 

ですので、ダイエットを目的とした場合、
筋トレ→有酸素運動 という流れがもっとも効率的に脂肪を燃焼してくれるのです。

プロテインはいつ飲めばいいのか?

上記の、筋トレ→有酸素運動の流れでトレーニングをする際によく、
プロテインはいつ飲めばいいのか?という疑問が出てきます。

 

 

プロテインは筋トレ直後がいいというけれど、
有酸素運動をするなら全ての運動が終わった後がいいのか・・・

 

 

これは、筋肉を増やしながらダイエットも同時に行いたいと思っている人に多い質問です。

 

 

筋トレ→有酸素運動の流れでトレーニングをする方は、
大概がダイエット目的の方だと思いますので、
結論から言うと、プロテインは必要ありません

 

 

そもそも、ダイエットを目的としたトレーニングの場合、
同時に筋肉を肥大化させることは難しく、効率も悪いのです。

 

 

そのため、有酸素前の筋トレは、筋肉を劇的にアップさせる目的ではなく、
筋力を落とさないようにトレーニングをしながら、
脂肪のみを効率的に落としていくというトレーニング目的になります。

 

 

ですので、筋肥大も同時に考えて全て一気にやろうとするのではなく、
筋肥大させる期間と脂肪を落とす期間を分けて、
効率よく目標とする体形を作っていくことが大切なのです。

 

 

日本人男性専用トレーニングの方法とは


⇒日本人男性専用トレーニングの詳細情報はコチラ

筋トレ後に有酸素運動をする場合はいつプロテインを飲むのか?関連ページ

筋肉が1kg増えると基礎代謝はどれぐらい上がるのか?
ダイエットするなら基礎代謝を上げる事が必須。 では、筋肉を増やすとどれだけ基礎代謝があがるのか?
腹筋だけではお腹はへこまない
おなか周りの脂肪を落とすなら腹筋!と思いがちですが、実は・・・
ステーキは太らない
ダイエット中は肉は食べちゃ駄目? そんなことありません。ダイエット中こそお肉を食べましょう!
筋トレしてもムキムキになりたくない!
ダイエットには筋トレがいいらしいけど、ムキムキにはなりたくない!そんなことを言う女性がよくいらっしゃいますが、ご安心ください。
ダイエットには朝筋トレがオススメ!
朝の筋トレがダイエットに重要だって知ってましたか? ライフワークにちょっとの筋トレを追加して、燃焼ボディを作りましょう!