ダイエット向け筋トレ方法

ダイエット目的なのにムキムキにはなりたくない

筋トレでムキムキになりたくない

 

 

ムキムキがどの程度なのかは分かりませんが、
女性の多くは、ダイエット目的での筋トレでムキムキになってしまうことを恐れています。

 

 

「わたし、筋肉付きやすいの」
「痩せたいけどムキムキになるのはちょっと」

 

 

そんな女性の意見を良く耳にしますが、ご安心下さい。
筋トレをしてもムキムキにならない方法はあります。

 

 

まず、ムキムキにならない筋トレを知るためには、
ムキムキになる筋トレを知る必要があります。

 

 

ムキムキになるということは、
最大筋力を上げるような筋トレをする必要がありますので、
より重いものを持ち上げるようにトレーンニングをする必要があります。

 

 

このとき、慣れた重さで何回もやっていても、
筋力を上げる効果はほとんどありません

 

 

ということは、逆に、重過ぎない負荷で筋トレを続ければ、
筋肉は大きくならず、ムキムキにはならないということです。

 

負荷の小さいトレーニングでも、筋トレ後は一時的に筋肉は膨らむ

負荷の小さい筋トレを続ける方法であれば、
筋トレをしてもムキムキになりません。

 

 

ですが、一つだけ言っておかなければならない事があります。

 

 

筋トレをすると、どうしても一時的に筋肉は膨らみます。

 

 

これは、パンプアップという現象で、
トレーニングで筋肉に負荷がかかると、
筋肉のダメージを回復させるために、血液やリンパ液などが、
一時的に筋肉に多く流れ込みます。

 

 

そのため、筋肉の見た目は、太くなったように見えます

 

 

ですが、このパンプアップは筋肉自体が大きくなったものではないので、
時間がたつとすぐに元通りになります。

 

 

これを知らずに、筋トレしたらすぐ腕が太くなったと思って、
筋トレを辞めてしまう方が多いのです。

 

 

筋トレをしたからといってすぐに腕が太くなることはありませんので、
安心して筋トレを続けてください。

 

 

REBOLのダイエット方法の詳細とは
⇒REBOL PERFECT DIETの詳細情報はコチラ

筋トレしてもムキムキになりたくない!関連ページ

筋肉が1kg増えると基礎代謝はどれぐらい上がるのか?
ダイエットするなら基礎代謝を上げる事が必須。 では、筋肉を増やすとどれだけ基礎代謝があがるのか?
筋トレ後に有酸素運動をする場合はいつプロテインを飲むのか?
脂肪を効率よく燃やすなら筋トレ後の有酸素運動がベスト!では、プロテインはいつ飲むの?
腹筋だけではお腹はへこまない
おなか周りの脂肪を落とすなら腹筋!と思いがちですが、実は・・・
ステーキは太らない
ダイエット中は肉は食べちゃ駄目? そんなことありません。ダイエット中こそお肉を食べましょう!
ダイエットには朝筋トレがオススメ!
朝の筋トレがダイエットに重要だって知ってましたか? ライフワークにちょっとの筋トレを追加して、燃焼ボディを作りましょう!