超回復は嘘!?ムキムキになりたいなら筋トレは毎日やれ!

筋トレや運動をしていると必ず聞く言葉が『超回復』。
筋肉を成長させるにはこの超回復が必要だと雑誌やテレビでも必ず謳われています。

 

世間で言う超回復はこうです。

 

@筋トレをすることで筋肉が破壊され、一時的に筋力が低下する。

A2〜3日ぐらいで筋肉が修復される。
このとき、筋肉が破壊される前よりも強くなって修復される。

 

といったように、筋肉が破壊されてから、回復を待たなければ筋力が上昇することはなく、
毎日のトレーニングを続けると筋肉が修復されないので逆効果になってしまうということです。

 

しかし、この理論、私たち一般人にとっては全くといっていいほど当てはまらないものであるのです。

 

特に、これから筋トレを始めるビギナーの方は考えなくてもいいこと、
むしろ無視したほうがトレーニングの効率が上がるのです。

 

なぜなら、超回復という理論自体が日本でここ数年の間に広まったものであり、
世界的にも全く認められていない信憑性のない理論であるからです。

 

確かに、トレーニングを行う上で休息というものは必要ですが、
絶対に休息をしなければトレーニング効果が上がらないというものではありません。

 

毎日過酷なトレーニングをするプロのアスリートは当然、
鍛える部分と休ませる部分を効率よくローテーションしていく必要がありますが、
1日1〜2時間程度のトレーニングであれば、肉体的な損傷も軽微なもので、
筋肉の休息の必要性もほとんど考えなくていいのです。

 

むしろ、下手に休息のことを考えてトレーニングすると、
余計な事を考えてしまう分、長続きしなかったり、
トレーニング頻度や強度が理想よりも少なくなってしまい、
トレーニングの妨げになってしまう可能性があるからです。

 

なので、これからトレーニングを始める人は、可能な限り多くの筋トレをして、
ある程度効果が出づらくなってきたときに始めて休息や
トレーニングメニューのローテーションを考えてみるようにしましょう。

 

 

 

日本人男性専用トレーニングの方法とは


⇒日本人男性専用トレーニングの詳細情報はコチラ