筋トレ方法総合

細マッチョへの道

細マッチョになる筋トレ

 

 

男性なら誰もが一度は筋肉のついた体に憧れるもの。

 

 

なかでも多くの人が理想の体型として挙げるのが細マッチョです。

 

 

細マッチョをどう定義するかは個人の嗜好が絡んでくると思いますが、
個人的には山本"KID"徳郁あたりが細マッチョの代表的な体系だと思います。

 

 

個人的見解はおいておき、細マッチョとはつまり、
適度に隆起した筋肉と、脂肪の付いていない体です。

 

 

これって、結構作るのが難しいんです。

 

 

筋肉をつけるということは、
体に肉をつけるということ。

 

 

つまり、筋肉をつけるということは
脂肪も体につけることになるからです。

 

 

脂肪をつけないようにうまく筋肉だけをつけていくこともできなくはないですが、
トレーニングの効率としてはあまりよくないです。

ガリガリからの細マッチョ

ガリガリな人が細マッチョを目指すなら、
脂肪を落とす必要が無いから筋トレだけしてりゃいいんでしょ?
なんて思うかもしれません。

 

 

半分正解で、半分不正解です。

 

 

筋肉をつけるのに必要なのは、
トレーニングによる筋肉への負荷と、
筋肉を作るための栄養です。

 

 

つまり、食わなきゃ筋肉は付きません

 

 

食わずにひたすら筋トレだけしていても筋肉は付きますが、
きちんと栄養補給をしている人に比べて、
筋肉の付くペースは明らかに遅くなります

 

 

また、筋トレは体を壊す行為ですので、
作るための栄養補給をしないということは、
体を壊したままにするということなので、
体に良くないのです。

 

 

最悪の場合、栄養不足のままで筋トレを続けると、
筋肉が異化してしまい、より細くなっていってしまう可能性もあります。

 

 

ですので、まずはしっかりとトレーニングをして、
しっかりと食べ、がっしりとした体を作っていくことが必要です。

 

 

そして、ある程度筋肉が付いてきたところで、
脂肪を落とすトレーニングに移行をしていきます。

 

 

これは王道のトレーニング方法で、一見遠回りに見えますが、
実はこれが細マッチョへの一番の近道なのです。

 

 

ショートカットこそ遠回り、王道こそ最短ルートなのです。

デブからの細マッチョ

現在、太っている人が細マッチョを目指す場合、
筋肉をつけつつ脂肪を落としていく作業になります。

 

 

実は、トレーニングを粛々とこなしていけばいい分、
痩せている人よりも太っている人のほうが細マッチョは目指しやすいんです。

 

 

ただ、ここで一つ注意したい点が、
太っている人は筋肉がつきやすく、
ゴリマッチョになりやすいということです。

 

 

太っている人はもともと体が大きくなっていますので、
筋トレをするとプロレスラーのような大きな筋肉が付きやすいのです。

 

 

ですので、太っている人が細マッチョを目指す場合、
大きすぎる筋肉をつけないように、
20レップスぐらいを目安に、中程度の負荷での筋トレを行うようにしましょう。

 

 

日本人男性専用トレーニングの方法とは


⇒日本人男性専用トレーニングの詳細情報はコチラ

細マッチョになるための筋トレメニュー関連ページ

筋トレはどれくらいで効果がでるのか?
筋トレを始めたいけど、どれくらいやればムキムキになれるの?
筋肉痛があるときに運動してはいけないのか?
筋トレをしていると必ずついてまわる筋肉痛。 筋肉痛とうまく付き合って、肉体を飛躍的に進化させよう!
女性には筋トレダイエットが効果抜群!
筋トレダイエットは女性が実践すると驚くほどの効果が出ます!
EMSでの腹筋は効果があるのか?
EMSは筋力をアップさせるのに本当に効果的なのか?
プッシュアップバーで分厚い胸板を作る
分厚い胸板は男のセックスシンボル!鍛えた胸を見せ付けろ!
50歳代でも筋トレは始められる!
いつまでも若く強い肉体でいるために、いくつになっても筋トレは必要です。では、50代になってからでも遅くはありません。
アルコールは筋肉を分解するのか?
筋トレの大敵とされるお酒。お酒を飲むと本当に筋肉は付かなくなるのか?
すぐに筋肉が付く筋トレ方法
筋トレは日々の積み重ね。それは分かってるけど、すぐに筋肉が付けたい!そんな願い、叶えましょう。