筋トレ方法総合

お酒を飲むと筋肉がつかない?

アルコールは筋肉を破壊するのか?

 

 

筋トレをしていると、栄養や休息など、
様々なことを気にするようになると思います。

 

 

その中でも多くの方が気にされているのが、
アルコールと筋肉の関係です。

 

 

よく、アルコールを飲むと太りやすいとか、
アルコールを飲むと筋肉がつかないとか、
体に対してアルコールがよくない話は聞きます。

 

 

では、本当にアルコールは筋肉に良くないのでしょうか?

アルコールは本当に筋肉を分解するのか?

アルコールを飲むと筋肉がつかなくなると言われているのには
2つの理由があるとされています

 

@テストロンの分泌量の減少

 

アルコールを飲むと、テストロンという男性ホルモン、
いわば筋肉を作るためのホルモンの分泌が減るため、
筋肉が作られるのが阻害されるとされています。

 

 

Aコルチゾンの増加

 

また、アルコールを飲むと、コルチゾンという筋肉を分解させるホルモンが分泌され、
筋肉を弱くしてしまうとも言われています。

 

 

上記の2種のホルモンの作用によって、
アルコールを飲むと筋肉が分解されてしまうと言われています。

 

 

しかし、ここで私は一つの疑問が浮かびます。

 

 

プロレスラーやラガーマンなど、
筋骨隆々のスポーツ選手や体育会系の人たちなど、
総じてお酒好きが多いのです。

 

 

そして、水のようにガバガバと大量のお酒を飲みます。

 

 

そういった人たちはヒョロヒョロでしょうか?
全然そんなことはないですよね?

 

 

私もお酒は好きなほうで、平日も寝酒にお酒を飲んでしまいます。
けれども、そこまでトレーニングに影響を感じたことはありません

 

 

つまり、何がいいたいかと言うと、
確かに理論上はアルコールは筋肉に良くないかもしれませんが、
気にするほどのことではないということです。

 

 

アルコールを飲んだら筋肉がつかないと極端に考えるのではなく、
アルコールの飲みすぎは筋肉に良くないぐらいに考えればいいのではないでしょうか?

 

 

悪いものだけを避けていても、
最良の結果が得られるわけではありません。

 

勇次郎の名言

筋トレをしたらアルコールを飲みすぎないように

アルコールが筋肉に与える影響は
そこまで大きくないのではないかと言いましたが、
体に与える悪影響はあります。

 

 

それは、アルコールも筋トレも
肝臓にダメージを与えるということです。

 

 

筋トレをすると、筋肉にエネルギーを与えるために、
肝臓に蓄えられたエネルギーを使用するため、
肝臓に負担がかかります。

 

 

そして、アルコールは皆さんもご存じのとおり、
肝臓で分解されます。

 

 

ですので、筋トレをした後は肝臓が疲れている状態のため、
そこにアルコールを追加すると、肝臓にさらにダメージを与えてしまうことになります。

 

 

ですので、ハードな筋トレで体が疲れていると感じた時は、
アルコールを少量に控えるなど、肝臓もしっかりと休ませてあげて下さい。

 

 

日本人男性専用トレーニングの方法とは


⇒日本人男性専用トレーニングの詳細情報はコチラ

アルコールは筋肉を分解するのか?関連ページ

筋トレはどれくらいで効果がでるのか?
筋トレを始めたいけど、どれくらいやればムキムキになれるの?
筋肉痛があるときに運動してはいけないのか?
筋トレをしていると必ずついてまわる筋肉痛。 筋肉痛とうまく付き合って、肉体を飛躍的に進化させよう!
女性には筋トレダイエットが効果抜群!
筋トレダイエットは女性が実践すると驚くほどの効果が出ます!
EMSでの腹筋は効果があるのか?
EMSは筋力をアップさせるのに本当に効果的なのか?
プッシュアップバーで分厚い胸板を作る
分厚い胸板は男のセックスシンボル!鍛えた胸を見せ付けろ!
50歳代でも筋トレは始められる!
いつまでも若く強い肉体でいるために、いくつになっても筋トレは必要です。では、50代になってからでも遅くはありません。
細マッチョになるための筋トレメニュー
パッと見は細いけどしっかり筋肉がついている、そんなイケメンボディな細マッチョ。細くて強い体を作りたいなら、ゴールの体系を意識したトレーニングが必要です。
すぐに筋肉が付く筋トレ方法
筋トレは日々の積み重ね。それは分かってるけど、すぐに筋肉が付けたい!そんな願い、叶えましょう。